婦人

ファイルの安全な共有方法

ファイル

取引先企業との協同作業に

事業活動を進めるに当たっては自社だけで業務が完結するとは限らず、取引先企業との共同作業が行われる場合も少なくありません。現在では多くの業務にPCなどのIT機器が使用されており、そうした共同作業にもファイル共有の必要性が生じてきます。従来は文書データなど容量の小さいファイルをメールに添付して送信していましたが、添付ファイルは大容量のファイルを扱えないばかりでなく、ウイルス感染の危険性も問題となります。共同作業に大量の画像などを必要とする際には取引先企業まで記録メディアを郵送しなければならず、効率性の点で大きな課題とされていたのです。こうした問題点を解決するための方法として、最近では多くの企業が法人向けファイル共有サービスを利用しています。共同作業で使用するファイルをオンラインストレージにアップロードすることにより、メール添付や郵送などリスクのある手段を使わずにファイル共有が実現します。ファイルはアップロード時に暗号化されて送信される上、ダウンロード時にもパスワードが必要なため二重のセキュリティに守られているのです。法人向けファイル共有サービスでは信頼性の高いデータセンターにファイルが保管されており、その不正アクセス防止対策は徹底されています。類似のサービスは個人向けの無料オンラインストレージでも利用可能ですが、無料サービスは法人向けサービスほどセキュリティが高くありません。月額料金を払うことで利用できる法人向けのファイル共有サービスは、万全のセキュリティに加えてアクセス制限やコメント・通知など付加機能を持つ点でも利用価値が高いものです。クラウド上のファイルサーバーに保管したデータは、OSや機種・場所を問わずに幅広く閲覧や編集ができるようになります。法人向けファイル共有サービスを利用することで、取引先企業とコミュニケーションを取りながらの共同作業も効率的に進められるのです。